媚薬のメカニズム

媚薬のメカニズム

媚薬は二つ種類に分かれるとされています。

 

媚薬の成分から見ると、媚薬のメカニズムとして、血流の流動を促させるためのものと女性ホルモン分泌を増加させるものに分かれます。

 

女性にとって、加齢、ストレス、月経、更年期障害など原因によって、血流の流量が停滞することがあって、女性のエストロゲンの減少によって血流の流量は少なくなって、最終閉経してしまいました。その場合、セックスに興味がますます減少して、膣内が乾燥して、性行為の時、性交痛や不感症になることがあります。この状態を改善するため、必要の女性専用媚薬など医薬品を利用して自分の症状を治療して、閉経時間を延長されました。

 

また、日常生活の乱れや加齢、ストレスなどによってミネラル、ビタミン不足によって女性の性欲低下を引き起こして、体質がどんどん弱くなって、貧血、目眩、生理痛など現象が現れるとなります。

 

媚薬を購入する際には、メカニズムに注目するだけでなく、レビュー、クチコミで必要以上に効果や成分など詳しい情報をよく調べたほうがいいです。

媚薬催淫剤と脳内ホルモン

恋愛感情、性欲、セックスには何種類もの脳内ホルモンが関係していますが、まずここでは、ラブドラッグとか、愛情ホルモン、抱擁ホルモンなどと呼ばれる、オキシトシンについて説明します。このオキシトシンを女性の脳内に放出させることができれば、女性は貴方を信頼し、抱かれたくなり、離れられなくなるのです。

 

オキシトシンと並ぶ、媚薬ホルモン、フェネチルアミン=PEAについて説明します。
人を好きになった時の脳の医学的変化を見ると、その人に会えば脳内からフェネチルアミン=PEAが出ています。ここが重要なのですが、人を好きになるとPEAが出るだけでなく、PEAが出ることによって人を好きになるのです。PEAが出るとコカインなどの200倍、快感を感じる、とも言われていて、身体はPEAを出したいがばかりに、この人に会いたくて会いたくてしかたがなくなります。ということは、女性をモノにしたかったら、その女性の脳内にPEAをドバドバと放出させれば良いということになります。

媚薬チョコレートの歴史

チョコレートは「媚薬」であると、古来、多くの人々に信じられてきました。チョコレートに「恋に落ちる」感覚をもたらす「恋愛化学物質」が含まれているという発見は、この説を裏付けたかに思われました。が、この恋愛化学物質「フェネチルアミン」は消化の際に分解されてしまうことから、チョコレートを食べても脳に作用することはないと、一応“科学的に”否定されました。ちなみにフェネチルアミンは、恋愛状態の人間の脳で放出される神経伝達物質です。

 

ところが2007年、チョコレートには、実際に、まるで「恋に落ちた」かのように、胸をドキドキさせる効果があることを示した、興味深い実験結果が新たに報告されました。イギリスのマインド・ラボの研究者のルイス氏は、20代のカップルで、「チョコレートを口の中で溶かす」ときと、情熱的に「キスをする」ときの、心拍数と脳の活動状態を調べました。そして、ブラックチョコレートを食べているときの心拍数は、キスをしているときの約2倍に増加することを発見しました。

 

そしてさらに、チョコレートが舌の上で溶け始めたとき、脳のすべての部分が、キスをしている間に見られたものより、はるかに激しく活動したのです。このように脳が興奮した状態は、キスと比べて4倍以上も長く続いたといいます。これらは男女ともに同様でした。なお、研究室という状況にもかかわらず、カップルは恥ずかしがることもなく熱いキスをかわしていたといいます。

 

チョコレートは、幸福感をもたらす脳内物質の「エンドルフィン」を放出させます。エンドルフィンはモルヒネのような作用をもつ自然の鎮痛薬です。オーストラリアのニューサウスウェルズ大学のパーカー教授は、2002年に、特にブラックチョコレートは、エンドルフィンの分泌を促して、食べた人の幸福な気分を高めることを報告して注目を集めました。

 

ただし、チョコレートは高脂肪、高カロリー食品です。“食べ過ぎ”にはくれぐれも注意しましょう。健康のためには、1日あたり10グラムのブラックチョコレートで十分です。

媚薬人気ランキング

no.1淫インモラル媚薬
淫インモラル媚薬
★★★★★(4.5/5点)
3900
no.2紅蜘蛛
紅蜘蛛
★★★★(4/5点)
900
no.3絶對高潮
絶對高潮
★★★(3/5点)
1500
no.3花痴
花痴
★★★(3/5点)
500
no.3妖姫
5ml×6本+迷香(お香)×6個/箱
妖姫
★★★(3/5点)
9000
ページトップへ戻る